くどう内科・循環器内科クリニックが目指すこと

良き「かかりつけクリニック」をめざす

「病院の先生の前に座ると、緊張して思ったことが言えない」
「先生を前にすると聞きたいことを忘れてしまう。」こんな患者さんの気持ちや体験を、本当に幾度となくお聞きします。
良きかかりつけクリニックであるためにはお互いが心を開いてよく理解し合うことがとても大切で、そのためにはまず、患者さんが「先生に何を聞いても怒られない」と安心してお話しいただくことが必要だと思います。
私が長く診させていただけている患者さんは良くお判りかと思いますが、患者さんが「わからないからする質問」や「不安に駆られてする質問」を、頭ごなしに怒ったりすることは決してありません(同じ事を3回聞かれるとさすがにいらいらします、本来はせっかちなんです)。
私は患者さんが、この先生にはなんでも相談できるという気持ちで受診していただく事が、良きかかりつけクリニックの第一歩と考えておりますので、遠慮無くご相談をお持ちになってください。

生活習慣病の方が元気に暮らせるサポート

今日、生活習慣病の方はとても多くいらっしゃいます。また、この領域は治療が進歩して、何でもかんでも我慢して我慢して毎日毎日つらくしんどく努力しなくても、元気で楽しく暮らせるようになりました。
ただそのためには守っていただかなくてはいけないことがふたつあります。
一つ目は悪いと解っていることはちゃんとやめること二つ目は処方された薬をしっかりのむこと。
このふたつの約束を守ることは、たやすいことではありません。でも、しっかり守れば元気で楽しく年を重ねられると思います。
そんなお手伝いが、私が最も得意な分野だと思っています。

良質な医療をえがおで

えがおっていいですよね。素敵なえがおは、見るだけでも心が洗われて元気をもらえる気がします。
私たちは良質な医療をえがおで提供できることを目標にしています。私はそれを実現するためには、私たちスタッフが患者さんと気持ちのやりとりができる柔らかな心を持ち続けること。
そして、自分たちが提供している医療が、自信を持って患者さんにお勧めできるという手応えを持てるように医療の勉強を続けることが大切だと思っています。
この2つを持ち続けることは、とても難しいことだと思いますが、その努力を続けることがクリニックの使命だと感じています。

診療時間

診療時間

休診日:日曜・祝祭日 第1.3.5土曜日

ごあいさつ はじめてご来院される方へ 主な診療内容について