お知らせ

2020/02/25
コロナウイルスに関連して、みなさまへのお願い
国の専門会議が2020年2月24日 新型コロナウイルス肺炎対策を発表しました。

その中で、「みなさまにお願いしたいこと」の項目があるので掲示いたします。


みなさまにお願いしたいこと

 この1~2週間の動向が、国内で急速に感染が拡大するかどうかの瀬戸際であると考えています。
そのため、我々市民がそれぞれできることを実践していかねばなりません。

 特に、風邪や発熱などの軽い症状が出た場合には、外出をせず、自宅で療養してください。

ただし、以下のような場合には、決して我慢することなく、直ちに都道府県に設置されている「帰国者・接触者相談センター」にご相談下さい。

 ●風邪の症状や37.5°C以上の発熱が4日以上続いている(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)

 ●強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある

 ※高齢者や基礎疾患等のある方は、上の状態が2日程度続く場合

また、症状のない人も、それぞれが一日の行動パターンを見直し、対面で人と人との距離が近い接触(互いに手を伸ばしたら届く距離)が、会話などで一定時間以上続き、多くの人々との間で交わされるような環境に行くことをできる限り、回避して下さい。症状がなくても感染している可能性がありますが、心配だからといって、すぐに医療機関を受診しないで下さい。
患者さんや医療従事者に感染を拡大させないよう、また医療機関に過重な負担となって診療体制がパンクしないよう、ご協力ください。

 教育機関、企業など事業者の皆様も、感染の急速な拡大を防ぐために大切な役割を担っています。それぞれの活動の特徴を踏まえ、集会や行事の開催方法の変更、移動方法の分散、リモートワーク、オンライン会議などのできうる限りの工夫を講じるなど、協力してください。

私たちもみなさまの不安な気持ち痛いほどはよくわかります。
私たちも心配です。
ただこの1-2週間を私たち日本人がどの様に振る舞い、この新型コロナウイルス肺炎の爆発的な感染を防げるかどうかが、非常に大切になっています。
確立された治療法はないが、軽症で治ることの多いこの病気を、自らの力で治すこと(先述の「相談センターへの相談基準」にはご留意の上)。
これが地域の医療体制の崩壊を防ぎ、ひいてはみなさまの安心安全な生活を守る最も大切な事だと考えています。


 2020/02/25 くどう内科循環器内科クリニック 工藤 敏行
2020/02/18
コロナウイルス肺炎対策に関しまして

厚生労働省から、今回の新型コロナウイルス(COVID-19)対策が出ました。
それに基づき、当院でもCOVID-19が疑われる場合、
受診前に以下内容をご考慮いただきたく思います。


皆さまの症状が

1)37.5度以上の発熱が4日以上続くときには専用相談窓口※へのご相談をお願いします。


2)37.5度以上の発熱が2日以上続いていて、以下に当てはまる場合には専用相談窓口※へご相談をお願いします。

非常にだるい(食事が取れない)、または息苦しい人。

持病があって、普段から日常生活に支障がある人。

3)以下の場合にはクリニック受診をお願いいたします。

熱が38度以上出ているとき

周りにインフルエンザの人がいるとき

4)以下の場合には自宅で様子を見ることをお勧めします(院内で新たなウイルスに感染しないため)。

熱が38度以下の時。

食事がしっかり取れている時。

いずれの場合にも、栄養休養をしっかりおとりいただき、
一日3回体温を測定して記録するようにしてください。


※専用相談窓口は

厚生労働省電話相談窓口
 0120-565653(フリーダイヤル) 9時00分~21時00分

千歳保健所
 0123-23-3175  

北海道保健福祉部  健康安全局地域保健課
 011-204-5020
平日 17時30分~21時00分 土日祝 9時00分~21時00分



診療時間

診療時間

休診日:日曜・祝祭日 第1.3.5土曜日

ごあいさつ はじめてご来院される方へ 主な診療内容について